ラフ ディップ – buzzpls.Com ティンバーランドチャッカ

ラフ ディップ

ハッピーキッチン デコレーションケーキのつくり方

ハッピーキッチン デコレーションケーキのつくり方



ハッピーキッチン デコレーションケーキのつくり方, 吸血鬼ハンターD ブラッドラスト, no75 ボブ(パッパラ) vs アンナ(ミモザ), no77 ボブ(パッパラ) vs リー(ディーノ), MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO15, ピックアップ 【長クラ音ゲーMAD】 Xepher TAPIOCA Mix 修正版 flv, MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO26, MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO41, Play doh cookingã € ŒKabuto Cookingã € ムã, ± ム¢ ンã,ッムン㠀, ã,¹ãƒãƒƒãƒ-ム¢ ーã, · ョã, MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO47, no76 ボブ(パッパラ) vs 飛鳥(そおい), デッドエンド Sera Fine, アンパンマン カフェキッチン, LADYBABY "ニッポン饅頭 / Nippon manju "Music Clip, A doll without make up メイクアップせずに人形 Valeria Lukyanova, ピッピ一ヶ月2, みかショット, ペンパイナッポーアッポーペン/ピコ太郎, MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO51, MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO42
smramtve.stivali di legno roll top"吸血鬼ハンターD ブラッドラスト" src="https://i.ytimg.com/vi/OVJYIiPJ2_w/hqdefault.jpg" align="center">

吸血鬼ハンターD ブラッドラスト

no75 ボブ(パッパラ) vs アンナ(ミモザ)

no75 ボブ(パッパラ) vs アンナ(ミモザ)

no77 ボブ(パッパラ) vs リー(ディーノ)

no77 ボブ(パッパラ) vs リー(ディーノ)

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO15

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO15

ピックアップ 【長クラ音ゲーMAD】 Xepher TAPIOCA Mix 修正版 flv

ピックアップ 【長クラ音ゲーMAD】 Xepher TAPIOCA Mix 修正版 flv

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO26

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO26

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO41

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO41

Play doh cookingã € ŒKabuto Cookingã € ムã, ± ム¢ ンã,ッムン㠀, ã,¹ãƒãƒƒãƒ-ム¢ ーã, · ョã

Play doh cookingã € ŒKabuto Cookingã € ムã, ± ム¢ ンã,ッムン㠀, ã,¹ãƒãƒƒãƒ-ム¢ ーã, · ョã

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO47

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO47

no76 ボブ(パッパラ) vs 飛鳥(そおい)

no76 ボブ(パッパラ) vs 飛鳥(そおい)

デッドエンド Sera Fine

デッドエンド Sera Fine

アンパンマン カフェキッチン

アンパンマン カフェキッチン

LADYBABY "ニッポン饅頭 / Nippon manju "Music Clip

LADYBABY "ニッポン饅頭 / Nippon manju "Music Clip

A doll without make up メイクアップせずに人形 Valeria Lukyanova

A doll without make up メイクアップせずに人形 Valeria Lukyanova

ピッピ一ヶ月2

ピッピ一ヶ月2

みかショット

みかショット

ペンパイナッポーアッポーペン/ピコ太郎

ペンパイナッポーアッポーペン/ピコ太郎

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO51

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO51

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO42

MELTYBLOODActressAgainメルティブラッドアクトレスアゲインJOYBOXMovieNO42

Back to Top

ティンバーランドチャッカ

tacchi al tronco
timberland sko støvler
ティンバーランド銀行のログイン
timberlake campingplats
negozio di scarico
  FROM 新潟
WordPress ME 2.2 - Capriccioso

Home > アルビBB_高森マネージャー

2007/12/12 「僕はまだ何も成し遂げていない」 高森英樹 ・・・ その7 『好きな仕事だから、つらいとは思わない』

右も左も分からないままにプロチームに飛び込み、見知らぬ土地に1人やって来た高森さん。その仕事は多岐に及び、まさに「チームの何でも屋さん」状態です。しかし、自分が望んだ仕事だからこそ、好きな仕事だからこそ、それをつらいと思わぬ心の強さが高森さんにはありました。

**********

後:生活の方はどうでしたか?全く知らない新潟という地に1人でやって来た訳ですが。
高:最初は寂しかったですね。休みの日とか、やることがないんですよ。誰かに「アルビBBの人じゃないですか?」って声かけられないかな・・・なんて思ってましたよ(笑)。チーム以外に知り合いもいなかったし。通訳として人の言葉は伝えるんですけど、気が付いたら自分の思ったことは丸1日話してなかったり。つらいとは思わなかったですけど、大変なことは多かったですね。あと10分で外国人選手を迎えに行かなきゃいけないのに、まだ事務所にいるとか(笑)。
後:そりゃ大変だ(笑)。
高:いつも差し迫っているとか、常にそんな感じはしますね。ただ、自分がやりたかった仕事だし、好きなことやらせてもらっているんで、つらいとは思わないですけどね。不満を感じたらキリがないんですけど、あの牛込さんの本を読んでいたことが良かったですね。「そういうものなんだ」と思えるものが自分の中にあったんで、それで消化できている部分もあります。あと、こういった話はチームに伝えるけど、こういった話は伝えないとか、あの本から学んだことは凄く多いですね。
後:通訳としての心構えとかですね。
高:通訳としてはそうですね、マネージャーをやるとは全然思ってなかったんで、マネージャーとしてはまだ今も模索中です。
後:では、マネージャーとして今やっている仕事は具体的にどんな事ですか?
高:はい、まずは練習会場の手配や練習の準備、ウェアや備品とか、これはリーグを通じてメーカーさんから提供してもらっているんですが、その調整と発注をしたりとか。サプリメントやシューズなんかもそうですね。あとはコーチ陣のスケジュールですね。アシスタントコーチの平岡さんや浦上さんは他の仕事もされているので、その中でコーチ陣が定期的にスタッフミーティングをしながら練習の方針を決めています。なので、僕は実行班ですね。練習会場を予約して、ウェイトの施設の手配をして、あとはアウェイに行く時の旅行会社との折衝とか、宿泊先のホテルと連携とって食事のメニューを決めたりとか。担当の方も3年目なので、こちらも助かっています。
後:ホントになんでもやるんですね・・・。
高:あとは予算の管理もありますね。今は下地さんが強化部の副部長で、僕が次長なんですが、今年は契約更改の話にも入れてもらいましたね・・・あ、これはマネージャーとしてではないですね。マネージャーとしては、広報の根津さんと連携して取材の日を確定させたり。まぁ言い出すとキリがないんですけどね(笑)。
後:では、練習中の仕事は?もちろん通訳がメインでしょうけど。
高:そうですね、基本的には通訳がメインになります。幸い、今はアップルスポーツカレッジ(※1)さんに協力してもらって実習生を受け入れているんですね。トレーナーとしてなんですけど、彼にはドリンクを作ってもらったり、コートにモップをかけてもらったりしてもらってますが、通訳をしていないときは僕もなるべく手伝うようにしています。ただ、どこで誰が話しかけるか分からないので、出来るだけ通訳の仕事に集中するようにはしています。
後:練習の前後は会社で仕事している訳ですね。
高:そうですね。例えば朝からウェイトトレーニングがある時は8時から9時までそっちに行って、それが終わったら会社に戻ってメールをチェックして、業者さんと連絡したりします。昼から練習の場合だと12時頃にはまた会社を出るんで、それまでにやってしまわないと連絡取れなくなってしまうので。で、午後の練習が終わったらまた会社に戻ってメールをチェックして・・・。その他に試合のビデオをダビングしたり。気が付くと12時を回っている時がありますね。最近、学生時代以来久しぶりにオールナイトニッポンを聞きましたよ(笑)。
後:午前1時ですか。大変ですね~。

140.jpg

**********

※1 ・・・ アップルスポーツカレッジ。NSGグループのスポーツ系専門学校。アルビBBとは密接な関係にある他、男子バスケットボールチーム「ボンバーズ」はアルビBBのアシスタントコーチ、平岡富士貴が監督を務め、2007年8月には全国専門学校バスケットボール選手権大会で2連覇を達成した。また、現在アルビBBのA2メンバーである小松享平は、バスケットボール専攻科に在学している。

11:06 | アルビBB_高森マネージャー | No Comments 2007/12/07 「僕はまだ何も成し遂げていない」 高森英樹 ・・・ その6 『じゃあ君が提案しなさい』

なんとか正式にアルビBBで働くことになった高森さんは、会社の中でも次々と新しい事に挑戦していきます。振り返ってみると、過去に自分が歩んできた道のりが、何らかしらの形で今の仕事にリンクしていたのです。

**********

後:では、新潟に引っ越してきたのは?
高:9月に埼玉でボッシュ(※1)と練習試合をしたんですけど、その時に実家の神奈川からチームに合流して、埼玉で試合をしてそのまま新潟に来ました。
後:そのまま来ちゃったんですね(笑)。
高:はい、そのまま(笑)。採用するって正式に聞いたのはその前の日とかだったんですよ。だから、新潟に行く日の朝、ウチの母親は「あれ、どこ行くの?」なんて言ってたし(笑)。バタバタしながら新潟に来ましたね。
後:チームではどんな仕事をやっていましたか?試合では通訳としてベンチに入りますけど、それ以外では?
高:アルビBBは2年目から子供向けのスクールを立ち上げたいという話だったんですよね。廣瀬さんと、当時の寒河江さん(※2)と。いろいろ話していく中で、僕がバンクーバーでやっていたジュニアNBAのスクールの話とかしていたら、「じゃあ君が提案しなさい」という事になったんですね。そこで寒河江さんと一緒に話し合いましたね。最初はグリズリーズと一緒で、スクールを無料でやろうという話をしていたんですが、会社から、「きちんとした事業として考えなさい」と言われたんですよね。ただ、当時は「お金を取ってバスケを教える」というのがまだ一般的じゃなかったんで、例えばミニバスをやっている人にどう思われるか未知数だったんですよね。なので、ミニバスのチームに話を聞きに行ったり、ミニバス連盟に話をしたりしながら、一番最初に竹尾校と黒埼校(※3)を立ち上げました。確かシーズンが開幕する前後だったと思います。
後:何事もそうですが、立ち上げの時は苦労が多かったんじゃないですか?
高:当時はスタッフがフル動員でしたよ。廣瀬さんや寒河江さんに僕に・・・ホントに人が足りない時は会社の受付の人にまで手伝ってもらって。最初は年中さんからミニバスを始めるまでの子供達が対象ですね。ミニバスを始める前に、運動能力の発育とかをメインにしてました。それくらいの子供って、何もないところでぶつかったり転んだりするんで、指導する人だけだと対応しきれないんですね。なので、転んで泣いている子をあやしたりしながらやってました。結局、スクールのコーチは3年くらいやったのかな。
後:他にはどんな仕事を?
高:外国人選手の登録関係とかですね。保険証取ったり健康診断受けさせたり。選手のためにスカパーを注文したり(笑)。夜中に選手から「スカパーが映らないんだけど?」なんて電話がかかってきた事もありましたね(笑)。
後:彼らには分からないですもんね(笑)。
高:他には普及活動ですね、選手やスタッフが子供達にバスケを教えるクリニックの仕事は今も担当しています。人が足りないっていうのもあるんでしょうけど、「やりたい」と言えばやらしてくれる会社の雰囲気もあったんで。クリニックの依頼を受けて、選手を派遣したり。あと、HPの管理もしばらくやってました。4年くらいかな。
後:何でもやるんですね。
高:そうですね、好き放題やってました(笑)。でも、いろんな事が出来て良かったですね。おかげさまでクリニックも認知されてきて、新潟県から依頼が来たり、新潟日報さんのクリニックもやるようになりました。あと、今は会社の中でスクール部門がだんだん一つの部署として独立しつつあるんですけど、それも普及活動の一環なんで、そういった活動全体がピラミッド型になるために統括したり・・・あとはオフシーズンのふれあいキャラバン(※4)ですね。これは一応、僕の提案なんですけど、元々やっていた保育園訪問から今の形になるまで続けてますね。
後:ここまでアルビBBでのいろんな仕事を聞いてきましたが、過去にやってきた経験がいろいろと生きている感じがしますね。
高:そうですね、始まりはプロ野球なんですが、語学の勉強をしようと大学に行って、留学プログラムでバンクーバーに行けて、スポーツが好きだからと現地でやったボランティアのコーチ経験が廣瀬さんの目にとまって・・・。アルビBBではスクールや普及活動も任せてもらったり、それまでやって来たことが運良く繋がったかもしれません。たまたま前のマネージャーさんが辞められたりとか、タイミングも良かったんですね。

128.jpg

**********

※1 ・・・ ボッシュブルーウィンズ。2002年に休部した日本リーグのバスケットボールチーム。前身はゼクセルブルーウィンズで、ゼクセル時代は現在アルビBBに所属する長谷川誠がプレーしていた。

※2 ・・・ 寒河江功一、茨城県出身。トップチームのアシスタントコーチの他、A2のコーチも勤めた。現在はJBL三菱電機でスカウティングコーチを務める。1977年1月9日生まれ。

※3 ・・・ 2002年にスタートしたジュニアアルビレックスバスケットボールスクールは、現在は新潟県下に10校を開設している(竹尾、黒埼、新津、十日町、小出、小千谷、三条、六日町、栃尾、長岡)。

※4 ・・・ 現在チームでは「ふれあいエコキャラバン」や「ふれあいスクール」といった活動を行っているが、アルビBBの選手やスタッフが新潟県内の小学校や保育園、幼稚園を訪問し、子供達とふれあいながらバスケを学んだり、ゴミ拾いなどを通じて環境問題を一緒に考える事で、地域の活性化を図るプロジェクト。

11:20 | アルビBB_高森マネージャー | No Comments 2007/12/05 「僕はまだ何も成し遂げていない」 高森英樹 ・・・ その5 『何を言ってるかさっぱり分からない』

思いがけず、プロチームから誘いの声がかかった高森さん。しかし、いきなり飛び込んだプロの世界は、文字通りの「暗中模索」でした。

**********

後:アルビBBとしての最初の仕事は試用期間という事で、試験も兼ねていたそうですね。
高:はい、その最初の試験がリン・ワシントン(※1)とシャナン・スウィルス(※2)を成田に迎えに行くという事だったんですよ。
後:それも凄いですね(笑)。
高:東京で当時のマネージャーの方と合流して、成田に2人を迎えに行ったんですけど、すごく緊張しましたね。というのは、インターネットで見たシャナンの顔が凄く怖かったんですよね。で、成田に迎えに行ってみたら、黒人同士の会話って全然分からないんですよ。低い声でぬめ~っとしゃべるんですよね。まるで何を言ってるか分からないんですけど、僕はテストされている立場だから「分からない」とも言えないし、一緒にいたマネージャに聞かれても、「疲れたって言ってるみたい」とか適当に言ってましたね(笑)。
後:それでもなんとか新潟まで来たんですね。
高:それから2週間くらいかな、チームの練習に参加したんですよ。今でも覚えてますけど、最初の練習の日に僕が車を運転して、リンとシャナンの2人を練習会場へ連れて行ったんですね。で、練習が始まって初めて分かったんですけど、コーチや選手の言葉を訳して伝えようと思っても、バスケの専門用語が分からないんですよ。高校では基本的な事しか習ってないので。バックスクリーンとダウンスクリーンがかろうじて分かるくらいで、フレアスクリーンなんて言われてもさっぱり分からない。フレアってのはフレアスカートのフレアですね。後ろからスクリーンに行って、スクリーンした選手がウイングに広がるように動くスクリーン。それが分からないんですよ。
後:なるほど・・・。
高:英語は分かっても、バスケの言葉が分からないんですね。例えば「ドリブルをやめる」のは何かというと、これが分からない。直訳すると“Stop the dribble”ですが、実際は、“Pick up the dribble”なんですけどね。
後:そんな用語はどうやって覚えていったのですか?
高:毎日、練習中にメモして後で辞書で調べたり、外国人選手に聞いたりですね。あと、カナダの友達に頼んで、「バカでも分かるバスケットボール」って本を買ってもらったんですよ(笑)。
後:そんなのあるんですね(笑)。
高:『サルでも分かる・・・』なんて本があるじゃないですか。あんな感じの『for Dummies』っていうシリーズがあるんですよ(※3)。それのバスケットのを買って、ずっと読んでましたね。それでもやっぱり追いつかないんですよ。バスケ用語ってコーチによっても違うし。廣瀬HCなら廣瀬HCなりの言い方がありますからね。それでも、やっぱりバスケはバスケなんで、なんとかやっていけましたね。
後:他に頼れる人もいないし、大変だったんじゃないですか?
高:しんどかったですけど、千載一遇で掴んだチャンスなんで頑張ってましたね。あと、高校時代に読んだベイスターズの牛込さんの本に、通訳としての苦労であるとか、選手とコーチに挟まれる大変さとかが書いてあって、実際には現場で予測できないような事も起こるんですが、それでもその本を読んでいたおかげで心の準備も出来たし、役に立ちましたね。
後:牛込さんの本を読んでいたのは大きかったですね。
高:そうですね、大きかったと思います。牛込さんは3冊の本を出していますけど、全部読みましたからね。遠征の時も持っていって読んだり。あ、1冊は抽選で当たったんで、あとの2冊は自分で買いましたけど(笑)。抽選で当たった僕の名前が載ってる月刊ベイスターズは今でも持ってますよ。
後:その頃はまだチームで試用期間だったんですか?
高:確か8月のはじめに新潟に来て、その後3往復くらいしましたけど、1ヶ月半くらいで試用期間は終わったと思います。他に候補がいなかったのかもしれませんけど(笑)。それから河内さんの面接を受けました。
後:その時はどんな話をしましたか?
高:河内さんは、「新潟県人以外はちょっと・・・」みたいな事を言ってましたね。
後:河内さんも新潟に来た当初、いろいろ苦労したんでしょうね。
高:最初は、まだ学生なんでアルバイト扱いになりました。給料も安かったですね。住む所もなかったんですが、ちょうど僕が来た頃にチームが今の古町の事務所に引っ越したんですね。そのビルが3階建てで、その1室に住むことになりました。四畳半・・・三畳半だったかな?家賃もなしだったんで、なんとかやっていけました。
後:まだその頃は大学に籍を置いていたんですよね?
高:はい、大学の4年です。授業の方は先生に頼んで、後期はレポートだけで単位を取れるようにしてもらって。大学としても、外国語学部の教授は「外国語を学んでそういった仕事に就けるのだから、頑張りなさい」と言ってくれましたね。
後:大学の協力もあったんですね。でも、よくアルビBBに採用されましたね。
高:後から聞いたんですけど、廣瀬さんが僕の履歴書を見た時に、バンクーバーでのジュニアNBAのコーチ経験があったというのがいい印象を与えたみたいですね。

127.jpg

**********

※1 ・・・ リン・ワシントン。カリフォルニア出身のフォワード。インディアナ大学を卒業後、アルビBBで3年間プレーした。その後フィンランドリーグでプレーし、2005年から大阪エヴェッサ。1978年4月3日生まれ。身長200センチ。

※2 ・・・ シャナン・スウィルス。リンと同じくカリフォルニア出身。フレズノ州立大学卒業後、アルビBBで1年だけプレーした。そのシーズンはリバウンド王とブロックショット王のタイトルを獲得。1978年2月17日生まれ。身長201センチ。

※3 ・・・ 『Books for Dummies』、黄色い表紙が目印の入門書シリーズ。dummies.comを見ると、実にいろんなジャンルがある事が分かります。

11:28 | アルビBB_高森マネージャー | No Comments 2007/11/30 「僕はまだ何も成し遂げていない」 高森英樹 ・・・ その4 『それってジーコから電話が来るようなものだよね?』

留学を終えて帰国したものの、高森さんは自分の目指す「スポーツに関わる仕事」に就く為の試行錯誤が続きます。そんな中、思いがけない人から電話がかかってきました。

**********

後:バンクーバーでの留学で何を思いましたか?
高:そうですね・・・、最初はプロ野球の通訳をやりたくて、バンクーバーにも3Aのチームがあったんで見に行ったんですけど、グリズリーズの試合も見て「バスケも面白いな」なんて思ったりして、なんとなく「野球にかかわらずスポーツに関わった仕事をしたいな」と思いながら帰国しました。
後:帰ってきたのが大学3年の春だから、そろそろ就職を考える時期ですね。
高:はい、ちょうどその頃にインターネットでアルビBBのニュースを見たんですよ。「新潟にプロのバスケチームが出来る」って。確か2000年ですね。で、その年の冬に東京で新潟アルビBBとさいたまブロンコスの試合を見たんですよ。豊島区体育館だったかな(※1)。正直言って当時は選手とか全然分からなかったんですけど、ベンチを見たら通訳の人がいたんですね。それを見て、「あ、あんな仕事もあるんだ」なんて思ってました。
後:では、どういった経緯でそのアルビBBに入ることになったんでしょう?
高:たぶんその試合を見た後だと思うんですけど、当時アルビBBの社長だった河内さん(現bjリーグコミッショナー、当時はアルビBBのジェネラルマネージャー)に、「どんな事でもいいので働かせてください」と書いて手紙と履歴書を送ったんですよ。でも返事はこないし(笑)、忘れられてるんだろうな~と思ってました。
後:もう3年の冬だから、就職活動も急がないとですよね。
高:スポーツ関係の仕事って考えていたんですけど、改めてスポーツ関係の仕事って何だろう?と考えると難しくて。でも、プロスポーツのチームが毎年スタッフを募集している訳じゃないし、当時は野球かJリーグくらいでしたけど、サッカーは全然分からないし。たまにスポーツ新聞に「○×球団が広報を募集している」とか載ったりするからスポーツ新聞買った方がいいのかな?とか考えたり。スポーツ用品店で働くのは何か違う感じがするし。何していいのか分からなかったですね。
後:アルビBBから返事はこないし(笑)。
高:そうですね、なんとなく時間がかかるんだろうとは思ってました。学校を卒業したばかりの人がすぐにチームで使える訳じゃないだろうし。とにかく何らかしらスポーツに関わる仕事をしながら時期を待つのかな・・・と思ってました。あと、東京にスポーツビジネスを学べる専門学校というのがあったので、見学に行ってみたんですよ。
後:当時からそういった学校があったんですね。
高:良かったのは、その学校の人に「君、ここに来ても別に就職できる訳じゃないからね」って言ってくれた事なんですよ。それ聞いて「それもそうだよな~」とか思って(笑)。その頃は何でもいいから取っかかりを・・・と思っていて、ベイスターズで学生モニターというのもやりましたね。インターンみたいな感じなんですけど。毎年ベイスターズが募集しているんですが、月に1回、定例会が球団事務所であるんですね。そこではファンサービスについてとか、球団グッズについてとか、好きなこと言えるんですよ。で、僕は確かその5期生とかなんですけど、第1期生に小島さんという方がいたんですよ(※2)。その方はライブドアが球団を立ち上げようとした時にGMをやった人で、その前は湘南シーレックス(※3)立ち上げの責任者をやったり、新庄の通訳やったりした方なんですよ。この人の存在はモチベーションになりましたね。こんな人になりたいな、というか。で、2001年の5月ころですかね。アルビBBの1年目のシーズンが終わった後かな。もうその頃は「スポーツ関係」という話がどんどん大きくなって、その日はコニカの就職説明会があったんですよ。コニカって結構スポーツに力入れていたので(※4)。
後:だいぶ話が変わって来てますね(笑)。
高:で、そこに行く途中にアルビBBの廣瀬さん(※5)から携帯に電話が来たんですよ。「新潟の廣瀬です。履歴書見たんで、今度1回新潟に来てお手伝いしてくれませんか?」という話だったんですよ。それを聞いて凄く興奮して、すぐに友達に電話で報告したんですよ。一緒に留学した友達なんですけどね。そしたら彼は、「廣瀬さんって監督なんでしょ?それってジーコから電話来るようなものだよね?行かなきゃダメじゃん!」なんて話になって(笑)。
後:確かにそうだ(笑)。
高:なのでコニカの説明会にも行かず、ずっと英語の勉強して待ってましたね。
後:では、すぐに新潟に来いとかいう話じゃなかったんですね。
高:はい、そうです。外国人が来日する時になったら、という話で。これは後で聞いた話なんですけど、アルビBBは1年目のシーズンが終わって、最初に通訳をやっていた方が辞められて、2年目は通訳なしで行くかも、なんて話もあったみたいなんですね。そこに、よく分からないけど英語の出来る学生から履歴書が来てるぞって事で、僕に電話が来たみたいなんですね。

114.jpg

**********

※1 ・・・ 調べてみた所、2001年1月28日に足立区総合スポーツセンターで行われた(当時の)さいたまブロンコス戦のようです。試合は77-48 で新潟が勝利していますが、スタメンは新潟が平岡、小宮、庄司、ワシントン、ウッズ、さいたまが稲野辺、森、財前、ジョンソン、ルイスでした。時代を感じますね~。

※2 ・・・ 小島克典、神奈川県出身。日本大学卒業後、通訳として横浜ベイスターズに入社。2000年に誕生した湘南シーレックスの事業部入りし、その後、新庄剛志の通訳としてMLBサンフランシスコジャイアンツ、ニューヨークメッツへ。その後ライブドアに入社し、幻の新球団フェニックスの暫定GMを勤めた。

※3 ・・・ 湘南シーレックス。横浜ベイスターズの2軍だが、神奈川県横須賀市を本拠地としており、2軍としては異例の地域密着を打ち出している。

※4 ・・・ 現コニカミノルタホールディングス。コニカ時代から陸上競技に力を入れていた事で知られる。

※5 ・・・ 廣瀬昌也、茨城県出身。アルビBB設立からチームを指揮し続ける熱きヘッドコーチ。

11:12 | アルビBB_高森マネージャー | No Comments 2007/11/28 「僕はまだ何も成し遂げていない」 高森英樹 ・・・ その3 『バンクーバーでコーチデビュー』

Hashtags for #ベビーピンク in Instagram, Twitter, Vimeo

We gather the most Popular contents for you

Discover best of Instagram, Twitter and Vimeo.

You want to search some tags like ベビーピンク

Use box below to get most popular Instagram, Twitter and Vimeo tags

ベビーピンク £Æ’™ãƒ“ーピンク a£Æ’™ãƒ“ーピンク b£Æ’™ãƒ“ーピンク c£Æ’™ãƒ“ーピンク d£Æ’™ãƒ“ーピンク
f£Æ’™ãƒ“ーピンク g£Æ’™ãƒ“ーピンク h£Æ’™ãƒ“ーピンク i£Æ’™ãƒ“ーピンク j£Æ’™ãƒ“ーピンク k£Æ’™ãƒ“ーピンク
m£Æ’™ãƒ“ーピンク n£Æ’™ãƒ“ーピンク o£Æ’™ãƒ“ーピンク p£Æ’™ãƒ“ーピンク q£Æ’™ãƒ“ーピンク r£Æ’™ãƒ“ーピンク
t£Æ’™ãƒ“ーピンク u£Æ’™ãƒ“ーピンク v£Æ’™ãƒ“ーピンク w£Æ’™ãƒ“ーピンク x£Æ’™ãƒ“ーピンク y£Æ’™ãƒ“ーピンク
Ùビーピンク Ãaƒ™ãƒ“ーピンク Ãbƒ™ãƒ“ーピンク Ãcƒ™ãƒ“ーピンク Ãdƒ™ãƒ“ーピンク Ãeƒ™ãƒ“ーピンク
Ãgƒ™ãƒ“ーピンク Ãhƒ™ãƒ“ーピンク Ãiƒ™ãƒ“ーピンク Ãjƒ™ãƒ“ーピンク Ãkƒ™ãƒ“ーピンク Ãlƒ™ãƒ“ーピンク
Ãnƒ™ãƒ“ーピンク Ãoƒ™ãƒ“ーピンク Ãpƒ™ãƒ“ーピンク Ãqƒ™ãƒ“ーピンク Ãrƒ™ãƒ“ーピンク Ãsƒ™ãƒ“ーピンク
Ãuƒ™ãƒ“ーピンク Ãvƒ™ãƒ“ーピンク Ãwƒ™ãƒ“ーピンク Ãxƒ™ãƒ“ーピンク Ãyƒ™ãƒ“ーピンク Ãzƒ™ãƒ“ーピンク
ãa’™ãƒ“ーピンク ãb’™ãƒ“ーピンク ãc’™ãƒ“ーピンク ãd’™ãƒ“ーピンク ãe’™ãƒ“ーピンク ãf’™ãƒ“ーピンク
ãh’™ãƒ“ーピンク ãi’™ãƒ“ーピンク ãj’™ãƒ“ーピンク ãk’™ãƒ“ーピンク ãl’™ãƒ“ーピンク ãm’™ãƒ“ーピンク
ão’™ãƒ“ーピンク ãp’™ãƒ“ーピンク ãq’™ãƒ“ーピンク ãr’™ãƒ“ーピンク ãs’™ãƒ“ーピンク ãt’™ãƒ“ーピンク
ãv’™ãƒ“ーピンク ãw’™ãƒ“ーピンク ãx’™ãƒ“ーピンク ãy’™ãƒ“ーピンク ãz’™ãƒ“ーピンク ãƙビーピンク
ãÆb™ãƒ“ーピンク ãÆc™ãƒ“ーピンク ãÆd™ãƒ“ーピンク ãÆe™ãƒ“ーピンク ãÆf™ãƒ“ーピンク ãÆg™ãƒ“ーピンク
ãÆi™ãƒ“ーピンク ãÆj™ãƒ“ーピンク ãÆk™ãƒ“ーピンク ãÆl™ãƒ“ーピンク ãÆm™ãƒ“ーピンク ãÆn™ãƒ“ーピンク
ãÆp™ãƒ“ーピンク ãÆq™ãƒ“ーピンク ãÆr™ãƒ“ーピンク ãÆs™ãƒ“ーピンク ãÆt™ãƒ“ーピンク ãÆu™ãƒ“ーピンク
ãÆw™ãƒ“ーピンク ãÆx™ãƒ“ーピンク ãÆy™ãƒ“ーピンク ãÆz™ãƒ“ーピンク ツ¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒa„¢Ã£Æ’“ーピンク
ãƒc„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒd„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒe„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒf„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒg„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒh„¢Ã£Æ’“ーピンク
ãƒj„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒk„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒl„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒm„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒn„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒo„¢Ã£Æ’“ーピンク
ãƒq„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒr„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒs„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒt„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒu„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒv„¢Ã£Æ’“ーピンク
ãƒx„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒy„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒz„¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâ¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâa¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâb¢Ã£Æ’“ーピンク
ãƒâd¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâe¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâf¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâg¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâh¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâi¢Ã£Æ’“ーピンク
ãƒâk¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâl¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâm¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒân¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâo¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâp¢Ã£Æ’“ーピンク
ãƒâr¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâs¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒât¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâu¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâv¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâw¢Ã£Æ’“ーピンク
ãƒây¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâz¢Ã£Æ’“ーピンク ãƒâ„ビーピンク ãƒâ„aビーピンク ãƒâ„bビーピンク ãƒâ„cビーピンク
ãƒâ„eビーピンク ãƒâ„fビーピンク ãƒâ„gビーピンク ãƒâ„hビーピンク ãƒâ„iビーピンク ãƒâ„jビーピンク
ãƒâ„lビーピンク ãƒâ„mビーピンク ãƒâ„nビーピンク ãƒâ„oビーピンク ãƒâ„pビーピンク ãƒâ„qビーピンク
ãƒâ„sビーピンク ãƒâ„tビーピンク ãƒâ„uビーピンク ãƒâ„vビーピンク ãƒâ„wビーピンク ãƒâ„xビーピンク
ãƒâ„zビーピンク ベ£Æ’“ーピンク ベa£Æ’“ーピンク ベb£Æ’“ーピンク ベc£Æ’“ーピンク ベd£Æ’“ーピンク
ベf£Æ’“ーピンク ベg£Æ’“ーピンク ベh£Æ’“ーピンク ベi£Æ’“ーピンク ベj£Æ’“ーピンク ベk£Æ’“ーピンク
ベm£Æ’“ーピンク ベn£Æ’“ーピンク ベo£Æ’“ーピンク ベp£Æ’“ーピンク ベq£Æ’“ーピンク ベr£Æ’“ーピンク
ベt£Æ’“ーピンク ベu£Æ’“ーピンク ベv£Æ’“ーピンク ベw£Æ’“ーピンク ベx£Æ’“ーピンク ベy£Æ’“ーピンク
ベÓーピンク ベÃaƒ“ーピンク ベÃbƒ“ーピンク ベÃcƒ“ーピンク ベÃdƒ“ーピンク ベÃeƒ“ーピンク
ベÃgƒ“ーピンク ベÃhƒ“ーピンク ベÃiƒ“ーピンク ベÃjƒ“ーピンク ベÃkƒ“ーピンク ベÃlƒ“ーピンク
ベÃnƒ“ーピンク ベÃoƒ“ーピンク ベÃpƒ“ーピンク ベÃqƒ“ーピンク ベÃrƒ“ーピンク ベÃsƒ“ーピンク
ベÃuƒ“ーピンク ベÃvƒ“ーピンク ベÃwƒ“ーピンク ベÃxƒ“ーピンク ベÃyƒ“ーピンク ベÃzƒ“ーピンク
ベãa’“ーピンク ベãb’“ーピンク ベãc’“ーピンク ベãd’“ーピンク ベãe’“ーピンク ベãf’“ーピンク
ベãh’“ーピンク ベãi’“ーピンク ベãj’“ーピンク ベãk’“ーピンク ベãl’“ーピンク ベãm’“ーピンク
ベão’“ーピンク ベãp’“ーピンク ベãq’“ーピンク ベãr’“ーピンク ベãs’“ーピンク ベãt’“ーピンク
ベãv’“ーピンク ベãw’“ーピンク ベãx’“ーピンク ベãy’“ーピンク ベãz’“ーピンク ベãÆ“ーピンク
ベãÆb“ーピンク ベãÆc“ーピンク ベãÆd“ーピンク ベãÆe“ーピンク ベãÆf“ーピンク ベãÆg“ーピンク
ベãÆi“ーピンク ベãÆj“ーピンク ベãÆk“ーピンク ベãÆl“ーピンク ベãÆm“ーピンク ベãÆn“ーピンク
ベãÆp“ーピンク ベãÆq“ーピンク ベãÆr“ーピンク ベãÆs“ーピンク ベãÆt“ーピンク ベãÆu“ーピンク
ベãÆw“ーピンク ベãÆx“ーピンク ベãÆy“ーピンク ベãÆz“ーピンク ベダœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒa€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク
ベãƒc€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒd€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒe€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒf€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒg€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒh€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク
ベãƒj€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒk€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒl€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒm€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒn€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒo€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク
ベãƒq€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒr€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒs€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒt€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒu€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒv€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク
ベãƒx€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒy€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒz€œÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâaœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâbœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク
ベãƒâdœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâeœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâfœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâgœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâhœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâiœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク
ベãƒâkœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâlœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâmœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒânœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâoœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâpœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク
ベãƒârœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâsœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâtœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâuœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâvœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâwœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク
ベãƒâyœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâzœÃ£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâ€Ã£Æ’¼ãƒ”ンク ベãƒâ€aーピンク ベãƒâ€bーピンク ベãƒâ€cーピンク
ベãƒâ€eーピンク ベãƒâ€fーピンク ベãƒâ€gーピンク ベãƒâ€hーピンク ベãƒâ€iーピンク ベãƒâ€jーピンク
ベãƒâ€lーピンク ベãƒâ€mーピンク ベãƒâ€nーピンク ベãƒâ€oーピンク ベãƒâ€pーピンク ベãƒâ€qーピンク
ベãƒâ€sーピンク ベãƒâ€tーピンク ベãƒâ€uーピンク ベãƒâ€vーピンク ベãƒâ€wーピンク ベãƒâ€xーピンク
ベãƒâ€zーピンク ベビ£Æ’¼ãƒ”ンク ベビa£Æ’¼ãƒ”ンク ベビb£Æ’¼ãƒ”ンク ベビc£Æ’¼ãƒ”ンク ベビd£Æ’¼ãƒ”ンク
ベビf£Æ’¼ãƒ”ンク ベビg£Æ’¼ãƒ”ンク ベビh£Æ’¼ãƒ”ンク ベビi£Æ’¼ãƒ”ンク ベビj£Æ’¼ãƒ”ンク ベビk£Æ’¼ãƒ”ンク
ベビm£Æ’¼ãƒ”ンク ベビn£Æ’¼ãƒ”ンク ベビo£Æ’¼ãƒ”ンク ベビp£Æ’¼ãƒ”ンク ベビq£Æ’¼ãƒ”ンク ベビr£Æ’¼ãƒ”ンク
ベビt£Æ’¼ãƒ”ンク ベビu£Æ’¼ãƒ”ンク ベビv£Æ’¼ãƒ”ンク ベビw£Æ’¼ãƒ”ンク ベビx£Æ’¼ãƒ”ンク ベビy£Æ’¼ãƒ”ンク
ベビüピンク ベビÃaƒ¼ãƒ”ンク ベビÃbƒ¼ãƒ”ンク ベビÃcƒ¼ãƒ”ンク ベビÃdƒ¼ãƒ”ンク ベビÃeƒ¼ãƒ”ンク
ベビÃgƒ¼ãƒ”ンク ベビÃhƒ¼ãƒ”ンク ベビÃiƒ¼ãƒ”ンク ベビÃjƒ¼ãƒ”ンク ベビÃkƒ¼ãƒ”ンク ベビÃlƒ¼ãƒ”ンク
ベビÃnƒ¼ãƒ”ンク ベビÃoƒ¼ãƒ”ンク ベビÃpƒ¼ãƒ”ンク ベビÃqƒ¼ãƒ”ンク ベビÃrƒ¼ãƒ”ンク ベビÃsƒ¼ãƒ”ンク
ベビÃuƒ¼ãƒ”ンク ベビÃvƒ¼ãƒ”ンク ベビÃwƒ¼ãƒ”ンク ベビÃxƒ¼ãƒ”ンク ベビÃyƒ¼ãƒ”ンク ベビÃzƒ¼ãƒ”ンク
ベビãa’¼ãƒ”ンク ベビãb’¼ãƒ”ンク ベビãc’¼ãƒ”ンク ベビãd’¼ãƒ”ンク ベビãe’¼ãƒ”ンク ベビãf’¼ãƒ”ンク
ベビãh’¼ãƒ”ンク ベビãi’¼ãƒ”ンク ベビãj’¼ãƒ”ンク ベビãk’¼ãƒ”ンク ベビãl’¼ãƒ”ンク ベビãm’¼ãƒ”ンク
ベビão’¼ãƒ”ンク ベビãp’¼ãƒ”ンク ベビãq’¼ãƒ”ンク ベビãr’¼ãƒ”ンク ベビãs’¼ãƒ”ンク ベビãt’¼ãƒ”ンク
ベビãv’¼ãƒ”ンク ベビãw’¼ãƒ”ンク ベビãx’¼ãƒ”ンク ベビãy’¼ãƒ”ンク ベビãz’¼ãƒ”ンク ベビãƼピンク
ベビãÆb¼ãƒ”ンク ベビãÆc¼ãƒ”ンク ベビãÆd¼ãƒ”ンク ベビãÆe¼ãƒ”ンク ベビãÆf¼ãƒ”ンク ベビãÆg¼ãƒ”ンク
ベビãÆi¼ãƒ”ンク ベビãÆj¼ãƒ”ンク ベビãÆk¼ãƒ”ンク ベビãÆl¼ãƒ”ンク ベビãÆm¼ãƒ”ンク ベビãÆn¼ãƒ”ンク
ベビãÆp¼ãƒ”ンク ベビãÆq¼ãƒ”ンク ベビãÆr¼ãƒ”ンク ベビãÆs¼ãƒ”ンク ベビãÆt¼ãƒ”ンク ベビãÆu¼ãƒ”ンク
ベビãÆw¼ãƒ”ンク ベビãÆx¼ãƒ”ンク ベビãÆy¼ãƒ”ンク ベビãÆz¼ãƒ”ンク ベビーピンク ベビãƒa¼Ã£Æ’”ンク
ベビãƒc¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒd¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒe¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒf¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒg¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒh¼Ã£Æ’”ンク
ベビãƒj¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒk¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒl¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒm¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒn¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒo¼Ã£Æ’”ンク
ベビãƒq¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒr¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒs¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒt¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒu¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒv¼Ã£Æ’”ンク
ベビãƒx¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒy¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒz¼Ã£Æ’”ンク ベビãƒÂピンク ベビãƒÂaピンク ベビãƒÂbピンク
ベビãƒÂdピンク ベビãƒÂeピンク ベビãƒÂfピンク ベビãƒÂgピンク ベビãƒÂhピンク ベビãƒÂiピンク
ベビãƒÂkピンク ベビãƒÂlピンク ベビãƒÂmピンク ベビãƒÂnピンク ベビãƒÂoピンク ベビãƒÂpピンク
ベビãƒÂrピンク ベビãƒÂsピンク ベビãƒÂtピンク ベビãƒÂuピンク ベビãƒÂvピンク ベビãƒÂwピンク
ベビãƒÂyピンク ベビãƒÂzピンク ベビー£Æ’”ンク ベビーa£Æ’”ンク ベビーb£Æ’”ンク ベビーc£Æ’”ンク
ベビーe£Æ’”ンク ベビーf£Æ’”ンク ベビーg£Æ’”ンク ベビーh£Æ’”ンク ベビーi£Æ’”ンク ベビーj£Æ’”ンク
ベビーl£Æ’”ンク ベビーm£Æ’”ンク ベビーn£Æ’”ンク ベビーo£Æ’”ンク ベビーp£Æ’”ンク ベビーq£Æ’”ンク
ベビーs£Æ’”ンク ベビーt£Æ’”ンク ベビーu£Æ’”ンク ベビーv£Æ’”ンク ベビーw£Æ’”ンク ベビーx£Æ’”ンク
ベビーz£Æ’”ンク ベビーÔンク ベビーÃaƒ”ンク ベビーÃbƒ”ンク ベビーÃcƒ”ンク ベビーÃdƒ”ンク
ベビーÃfƒ”ンク ベビーÃgƒ”ンク ベビーÃhƒ”ンク ベビーÃiƒ”ンク ベビーÃjƒ”ンク ベビーÃkƒ”ンク
ベビーÃmƒ”ンク ベビーÃnƒ”ンク ベビーÃoƒ”ンク ベビーÃpƒ”ンク ベビーÃqƒ”ンク ベビーÃrƒ”ンク
ベビーÃtƒ”ンク ベビーÃuƒ”ンク ベビーÃvƒ”ンク ベビーÃwƒ”ンク ベビーÃxƒ”ンク ベビーÃyƒ”ンク
ベビーã’”ンク ベビーãa’”ンク ベビーãb’”ンク ベビーãc’”ンク ベビーãd’”ンク ベビーãe’”ンク
ベビーãg’”ンク ベビーãh’”ンク ベビーãi’”ンク ベビーãj’”ンク ベビーãk’”ンク ベビーãl’”ンク
ベビーãn’”ンク ベビーão’”ンク ベビーãp’”ンク ベビーãq’”ンク ベビーãr’”ンク ベビーãs’”ンク
ベビーãu’”ンク ベビーãv’”ンク ベビーãw’”ンク ベビーãx’”ンク ベビーãy’”ンク ベビーãz’”ンク
ベビーãÆa”ンク ベビーãÆb”ンク ベビーãÆc”ンク ベビーãÆd”ンク ベビーãÆe”ンク ベビーãÆf”ンク
ベビーãÆh”ンク ベビーãÆi”ンク ベビーãÆj”ンク ベビーãÆk”ンク ベビーãÆl”ンク ベビーãÆm”ンク
ベビーãÆo”ンク ベビーãÆp”ンク ベビーãÆq”ンク ベビーãÆr”ンク ベビーãÆs”ンク ベビーãÆt”ンク
ベビーãÆv”ンク ベビーãÆw”ンク ベビーãÆx”ンク ベビーãÆy”ンク ベビーãÆz”ンク ベビーダÃ£Æ’³ã‚¯
ベビーãƒb€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒc€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒd€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒe€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒf€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒg€Ã£Æ’³ã‚¯
ベビーãƒi€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒj€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒk€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒl€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒm€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒn€Ã£Æ’³ã‚¯
ベビーãƒp€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒq€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒr€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒs€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒt€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒu€Ã£Æ’³ã‚¯
ベビーãƒw€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒx€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒy€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒz€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâaÃ£Æ’³ã‚¯
ベビーãƒâcÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâdÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâeÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâfÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâgÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâhÃ£Æ’³ã‚¯
ベビーãƒâjÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâkÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâlÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâmÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒânÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâoÃ£Æ’³ã‚¯
ベビーãƒâqÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒârÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâsÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâtÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâuÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâvÃ£Æ’³ã‚¯
ベビーãƒâxÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâyÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâzÃ£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâ€Ã£Æ’³ã‚¯ ベビーãƒâ€aンク ベビーãƒâ€bンク
ベビーãƒâ€dンク ベビーãƒâ€eンク ベビーãƒâ€fンク ベビーãƒâ€gンク ベビーãƒâ€hンク ベビーãƒâ€iンク
ベビーãƒâ€kンク ベビーãƒâ€lンク ベビーãƒâ€mンク ベビーãƒâ€nンク ベビーãƒâ€oンク ベビーãƒâ€pンク
ベビーãƒâ€rンク ベビーãƒâ€sンク ベビーãƒâ€tンク ベビーãƒâ€uンク ベビーãƒâ€vンク ベビーãƒâ€wンク
ベビーãƒâ€yンク ベビーãƒâ€zンク ベビーピ£Æ’³ã‚¯ ベビーピa£Æ’³ã‚¯ ベビーピb£Æ’³ã‚¯ ベビーピc£Æ’³ã‚¯
ベビーピe£Æ’³ã‚¯ ベビーピf£Æ’³ã‚¯ ベビーピg£Æ’³ã‚¯ ベビーピh£Æ’³ã‚¯ ベビーピi£Æ’³ã‚¯ ベビーピj£Æ’³ã‚¯
ベビーピl£Æ’³ã‚¯ ベビーピm£Æ’³ã‚¯ ベビーピn£Æ’³ã‚¯ ベビーピo£Æ’³ã‚¯ ベビーピp£Æ’³ã‚¯ ベビーピq£Æ’³ã‚¯
ベビーピs£Æ’³ã‚¯ ベビーピt£Æ’³ã‚¯ ベビーピu£Æ’³ã‚¯ ベビーピv£Æ’³ã‚¯ ベビーピw£Æ’³ã‚¯ ベビーピx£Æ’³ã‚¯
ベビーピz£Æ’³ã‚¯ ベビーピóク ベビーピÃaƒ³ã‚¯ ベビーピÃbƒ³ã‚¯ ベビーピÃcƒ³ã‚¯ ベビーピÃdƒ³ã‚¯
ベビーピÃfƒ³ã‚¯ ベビーピÃgƒ³ã‚¯ ベビーピÃhƒ³ã‚¯ ベビーピÃiƒ³ã‚¯ ベビーピÃjƒ³ã‚¯ ベビーピÃkƒ³ã‚¯
ベビーピÃmƒ³ã‚¯ ベビーピÃnƒ³ã‚¯ ベビーピÃoƒ³ã‚¯ ベビーピÃpƒ³ã‚¯ ベビーピÃqƒ³ã‚¯ ベビーピÃrƒ³ã‚¯
ベビーピÃtƒ³ã‚¯ ベビーピÃuƒ³ã‚¯ ベビーピÃvƒ³ã‚¯ ベビーピÃwƒ³ã‚¯ ベビーピÃxƒ³ã‚¯ ベビーピÃyƒ³ã‚¯
ベビーピ㒳ク ベビーピãa’³ã‚¯ ベビーピãb’³ã‚¯ ベビーピãc’³ã‚¯ ベビーピãd’³ã‚¯ ベビーピãe’³ã‚¯
ベビーピãg’³ã‚¯ ベビーピãh’³ã‚¯ ベビーピãi’³ã‚¯ ベビーピãj’³ã‚¯ ベビーピãk’³ã‚¯ ベビーピãl’³ã‚¯
ベビーピãn’³ã‚¯ ベビーピão’³ã‚¯ ベビーピãp’³ã‚¯ ベビーピãq’³ã‚¯ ベビーピãr’³ã‚¯ ベビーピãs’³ã‚¯
ベビーピãu’³ã‚¯ ベビーピãv’³ã‚¯ ベビーピãw’³ã‚¯ ベビーピãx’³ã‚¯ ベビーピãy’³ã‚¯ ベビーピãz’³ã‚¯
ベビーピãÆa³ã‚¯ ベビーピãÆb³ã‚¯ ベビーピãÆc³ã‚¯ ベビーピãÆd³ã‚¯ ベビーピãÆe³ã‚¯ ベビーピãÆf³ã‚¯
ベビーピãÆh³ã‚¯ ベビーピãÆi³ã‚¯ ベビーピãÆj³ã‚¯ ベビーピãÆk³ã‚¯ ベビーピãÆl³ã‚¯ ベビーピãÆm³ã‚¯
ベビーピãÆo³ã‚¯ ベビーピãÆp³ã‚¯ ベビーピãÆq³ã‚¯ ベビーピãÆr³ã‚¯ ベビーピãÆs³ã‚¯ ベビーピãÆt³ã‚¯
ベビーピãÆv³ã‚¯ ベビーピãÆw³ã‚¯ ベビーピãÆx³ã‚¯ ベビーピãÆy³ã‚¯ ベビーピãÆz³ã‚¯ ベビーピンク
ベビーピãƒb³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒc³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒd³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒe³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒf³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒg³Ã£â€šÂ¯
ベビーピãƒi³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒj³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒk³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒl³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒm³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒn³Ã£â€šÂ¯
ベビーピãƒp³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒq³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒr³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒs³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒt³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒu³Ã£â€šÂ¯
ベビーピãƒw³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒx³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒy³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒz³Ã£â€šÂ¯ ベビーピãƒÂク ベビーピãƒÂaク
ベビーピãƒÂcク ベビーピãƒÂdク ベビーピãƒÂeク ベビーピãƒÂfク ベビーピãƒÂgク ベビーピãƒÂhク
ベビーピãƒÂjク ベビーピãƒÂkク ベビーピãƒÂlク ベビーピãƒÂmク ベビーピãƒÂnク ベビーピãƒÂoク